ARATAPENDANTS VOL.6

artist talk 7
akihiro nakamura/ artist
zenro/ rapper


今回出品している作品やご自身のことについて教えていただけますか。

中村 彰宏(以下N) 二〇〇八年ごろから十年くらいコラージュやってるんですけど、最初は頑張って、
ブックオフとかで素材を探してたんです。ナショナルジオグラフィックとか。そういうの
切って頑張ってたんですけど、素材集めるのめんどくさくなってきて、昔の自分の作品とかを
使い終わったら切ってっていう。 だから今までの十年間をひたすら再構成するみたいな。今回の
作品の一部も、完全に二〇〇八年くらいの初めて個展やったときのフライヤーそのままなんです。
ひたすた自分の作品を破って、作って、また破ってっての二〇一八年バージョンなんです。

漸朗(以下Z) 僕は自分で写真を撮って、切り取って、一枚の画にして。 その一つ一つの
作品に音を付け加える、トラックを付け加えるっていうので十六作品作りまして。 十六曲の
アルバムとして作品にしてます。

中村さんの作品は、キャプションに素材そのままを書かれているのが面白いと思いました。

N 多分どう見ていいかわからん人もいてるやろうなと思って。 いっぱい貼ってるし。
そういうときにキャプションを見たら、鳥って書いてんな、鳥に似てるなとか。 なんか人によって
気になるものって違うと思うんですよ。 私は鳥が気になっとるわ、私はこのわけのわからん形とか
気になっとるわ、とか。 それぞれで見え方も違うし、その組み合わせでそれぞれの楽しみ方はできる
かなとは思うんですよ。 鳥と土偶って単語が二つって、鳥と土偶でお話作ってくださいって
言ったら、それぞれでみんないろんな話ができるんですよ。だから、文章じゃなくても単語
だけっていう。 それでそれぞれ皆さん楽しんでくださいっていうことですね。

漸朗さんはだいぶユーモラスでもあるんですけど、画面としてきっちり作られた
ビジュアルだなと思いました。 曲とビジュアルでは、どちらから作られるのですか。

Z まずビジュアルを作ります。こういう画を作りたいから写真を撮るっていうのではなくて。
このおっさん、なんかいい味出しとるわって思ったらシャッター切って、いろんなところで
撮った写真と組み合わせて、展示するっていう。例えば波婆婆っていう作品は、そこに波の音っぽい
ノイズを入れたりとか。 なんで、その雰囲気に合わせたものを音で作るっていうことですね。

その婆婆と波の組み合わせはどこから出てきたんですか。

Z おばあちゃんって大抵よぼよぼで、四輪の手押しカートみたいなのがあればスイッチ
入って動き出すじゃないすか。 せやな、おばあちゃんてそうよなって思ったときに、
波というか、海の写真を撮ってたんで、組み合わせて飛んでるような。

コラージュ作家として、お互いの違いや、あるいは自分のコラージュに対する姿勢を最後に
お伺いしたいです。

N もう一人コラージュやる人いると思うんですけど、その人も種類が違う感じの見え方の
するコラージュで。 コラージュって手法は三人とも同じですけど出してるものはそれぞれ
違う。見てる人もそれぞれの楽しみ方があって、これが好きって人もいるし、漸朗さんとか楽しい
って言う人もいる。 別にコラージュやから同じじゃなくて人によって好きなタイプもある。
それで見てみて、自分もやってみたら楽しいんじゃないかっていう。結論としては
コラージュって楽しいよってこと。

Z ほんまに全くその通りじゃないかなって思いました。 紙をちぎってって言うのが主体
としてあるんですね、コラージュって。 なので、僕はあえて写真撮ってやってみよっかなっていう
感じでコラージュをしましたね。なのでみんな違うもの、ですね。 多分。

コラージュのどこが一番楽しいですか。

N やっぱりイメージを組み合わせて、自分が思いがけないイメージができた時がコラージュの
魅力やと思うんですよ。 自分が好きな素材と自分が好きな素材を組み合わせた、自分だけの
コラージュが簡単にすぐできますし。組み合わせの瞬間が多分僕は一番楽しいかなとは
思いますね。

Z 僕は今回の作品は音ありきで見てほしいので、コラージュに限って言える事って
言うたら少ないんですけど。 イメージですね、頭の中の。 やっぱりアートなんで、自分の頭で
しか分からない事だってありますし。さっきの波婆婆の話も、話さないと分からないことも
やっぱりあるんで。 それを見てくださった方に話したときに、喜んでもらったりしたときに、
喜びを感じたので。 それでいいのかなって思いますね。



漸朗/ ラッパー
生まれて25年なにかに常に没頭。
音楽活動をメインでやっているつもりだが
すぐ寄り道をする。この先どうなるかは本当に不明。


中村 彰宏 / アーティスト
1984年生まれ




Would you tell us about your pieces and yourselves?

N I’ve been doing collages for 10 years since 2008. At first, I used to look for
materials from second-hand book stores. I started feeling lazy to collect materials,
and now I cut off the pieces of the materials from my old artworks and keep
restructuring them that I've made for 10 years. Some of the pieces this time
are from the flyers in 2008 when I held a private exhibition. I tear my own pieces
apart and create another one. It’s just the version in 2018.

Z I take photos, cut them into pieces, and make a picture. I put a song on each
of the pieces. I have 16 pieces, so I have created an album consisted of 16 songs
as my artwork.

The pieces of Mr. Nakamura are interesting since he has written just
materials in the caption.

N I thought some people would have no idea how to see my pieces. I’ve glued
lots of them. For example, if you see a caption saying about a bird, the piece
gets to look like a bird. It depends on the person about what he/she gets
interested in. Someone gets interested in a bird, while someone else gets
interested in something kind of messy. People have different views toward the
pieces, and they can enjoy their own combinations of the pieces and captions.
Let’s say, we have two words, a bird and clay doll, and somebody tells us to
make a story of them. Each of us could make different stories. Therefore,
I have just some words in the caption to let people enjoy in their own way.

I think you are very humorous, Zenro. I’ve thought you’ve made it a
screen-like visual. Which one comes up in mind first, a song or visuals?

Z I work on visuals first. It’s not that I take photos because I want to make
a particular picture. I snap photos of somebody who looks interesting
to me, combine them with the other photos from somewhere else, and
exhibit them. For example, this piece,“Namibaba,” has some noise of
waves. I make sounds matching with atmosphere of a piece.

How did you make the combination of nami and baba?

Z Baba means grandmas, and they are usually weak, but once they get a
4-wheel cart, they kind of start moving, which is like they have been turned on.
When I figured they are like that, I imagined they are flying over waves
since I took photos of seas.

As a collage artist, what is the difference between you two? What
is attitude toward your own collages?

N I know there is another guy doing collages here. He made a different type
of collages. We all use the same
method, but our artworks are different from each other. People have different
ways to enjoy them. Someone might have fun seeing Zenro’s ones. People
have their preference on collages. What I’m trying to say is collages are fun.

Z I think what he just said is completely right. Collage is mainly about tearing
paper into pieces. I just take photos and make them collages.
I guess everyone has different ones.

What is most fun to make collages?

N It is very fascinating when you combine images and made up something
you have not expected. It is easy to make your own collages matching with
your favorite materials.

Z I want people to see my pieces this time with the sounds, so I don’t have
much to say about collage. However, it is about images in your mind because
it is art. There must be things you can understand only in your mind.
The “Namibaba" is the same. I get to know what it is when I talk about it.
I felt happy when I told people about my concepts of the pieces, so that
would be all I want.



Zenro / Rapper
Zenro has been always into something
for 25 years since he was born. Taking a quick
detour leads him somewhere unknown even
though he tends to work on music mainly.


Akihiro Nakamura / Artist
Born in 1984.