ARATAPENDANTS VOL.6

artist talk 6
_act koji shiroshita, taco/ artist, painter


今回の出展作品と、アクトというユニットについてお伺いしたいです。

林 智樹(以下H) アクトは一つのチームみたいなものになっています。 横にいる城下さんと
TACOさんがそれぞれ絵描きなんですよ。二人の絵描きを中心にして、僕を含めデザイナー
とかwebを作ってる人とか、あとは写真を撮ってくれてる人とか、あとは翻訳を
してくれてる人とかっていうのがそれぞれみんな協力をして、今回みたいな展示を作り上げて
いくっていうのがアクトっていう取り組みかな。2014年からスタートした形ですね。

城下 浩伺(以下S) 元々作家活動としては個人で活動していて、二人とも別々で林さんに
すごくお世話になってたんですよ。 その展示の度に構成を考えていただいたり作品運ぶのとかも
全部手伝っていただいたりしてて。 二人で感謝の気持ちを込めて、林さんにプレゼントしたのが
一番最初ですね。 その絵を林さんがすごい気に入ってくれて。 それだけで終わってしまうのは
勿体ないと思ってくれて、そこから。

TACO(以下T) そこから活動が始まりました。

具体的に林さんは、このお二方の作品とどういった形で関わっているんでしょうか。

H 作り手って、制作だけで精一杯だと思うんですよ。 展覧会とか外に出していこうと
思うと、DMを作ったり、プレゼンしたり、マネジメントしないといけないと思うんです。 全部
作家に背負わせるのは、少し違うのかなっていうのもあって。 日本というと大きいですけど、関西の
環境を少しでも変えたいという気持ちもあって。デザイナーや翻訳家に声をかけて、彼らが絵に
集中できる環境を作りました。 二人の作品がより場所と一緒に映えるような構成をしていきたくて。
あくまで黒子の立場として、より作品が映えてくれればいいなという想いがあります。 城下さんと
TACOさんが作品に取り組む姿勢と、僕が展示などで二人に向き合う姿勢は近い次元だと
考えています。

初めて共作した時のことをお伺いしたいです。

T 最初に城下さんと共作するときは、城下さんの画風と私の画風がもう全く違うので
絶対上手くいかないだろうなあという感じで、気持ち緊張しながら。

S 誘った僕も、面白い絵にはならへんやろうなあっていう気持ちで誘ってて。 それは、
今まで共作されている方とかちょこちょこ見てたんですけど、やっぱり別々で描かはった
方がいいなっていう思いがあったんです。林さんの誕生日プレゼントで描いた時、どうやって
描こうみたいな感じで言ってて。 最初五分描くから、五分描いてくださいみたいなやりとりやったん
ですけど、気がついたらもう二人とも同時に描き出しちゃってて。 すごい楽しくて。

お二人で製作されていて、完成のタイミングってどんな感じなんでしょう。

S それが結構いつも同時なんですよ。ちょっと僕の方が早いんですけど。 できてるかなって僕が
思ってちょっと引いて見てたら、TACOさんが手え止めて、もうそろそろできてると
思うんですけどどうですかっていつも言うてくれるんで。 大体いつもピタッと。 僕が
終わってんのに何時間も描いてるとかそんなことは全然なくて。 会話みたいな
感じというか。 僕がザザっと描いたらTACOさんがチョンってきたなとか、チョンって
きたらシュッていってみよっかなって感じです。でき上がっていってもうそろそろ満腹に
なってきたなって感じで完成。

T もう描くところがなく、煮えちゃうというか。描くスペースはいっぱいあるんですけど、
気持ち的に描くスペースがもうないって感じです。

共作を始めたことで、個人での作品作りになにか変化はありましたか。

S 分かりやすいところで言うと、僕はもうずっとGペンしか使ってなかったんですけど、
TACOさんと一緒に描いたことがきっかけで筆も使うようになったり。

T 自分一人で描いてると自分の世界とか自分だけの必殺技みたいなものばっかりになるけど、
人と描くと予期せぬものが出てきます。 自分一人の絵に戻ったときにまたそれが出てきて広がります。

今後作りたいものや、この二人で共作したことによって生まれてくる作品の予感はありますか。

S 次の展示が夏に決まってるんですけど、そのときは全部新作でいこうと思っていて色々
考えています。 同じことしても面白くないんで。

T 同じメンバーで同じ維持するってすごく大変で、常に新しいものを見せ続けるっていうのも
すごく大変なんですけど、しつこくそれをしたいなって思います。



act_城下 浩伺、 TACO /作家
城下浩伺とTACOは共にひとりの作家である。
ふたりはひとりでえがき、そして、ふたりでえがく。
彼らの作品を中心に、デザイナー、翻訳家、写真家など
たくさんの協力者が集い、生まれたものが「 act 」である。




Would you tell us about your piecesand your unit, act?

H “act” is like a team. Mr. Shiroshita and TACO draw pictures. There are
designers including me, web-designers, photographers, and translators coope-
rating with each other and creating pieces like this time. That is the activity
of “act.” We started in 2014.

S We used to produce individually.Mr. Hayashi supported two of us espe-
cially for organizing the exhibitions of my pieces or carrying them. It was the first
time to work on the same thing together when we wanted to show our appre-
ciation and gave artworks as a gift. He got to love it a lot, and we all three
started working together since then.

Would you tell us about howyou deal with their artworks,
Mr. Hayashi?

H The artists usually have to focus on creating their artworks, and they
can’t handle other things for exhibitions such as making DMs, presenting their
stuff to galleries, and things like management. I think it’s wrong for
them to do all the stuff. I want to change the environment even a little in
Kansai or Japan. What I do is asking some people to design or translate
and setting up the environment for them to focus on their artworks. I just
want them to make good pieces by supporting them. I also think we are
at the same or close level of their attitude toward their works and mine
toward them.

What is it like when you created an artwork for the first time?

T When I first co-created a piece, I was a little bit nervous because we have
completely different styles of drawing, so I thought it would not work out.

S I asked TACO to work together. Even though I asked, I knew it would not work
out. I have seen some co-created pictures before, but I just thought artists should
have drawn individually. When we drew for the gift to Mr. Hayashi, we didn’t
know what to do to draw together.First, it was like, “I take half first,
you take the rest.” After all, we ended up drawing together while using each
other’s pens and brushes. We had fun. The piece itself was amazing and
interesting. We had so much fun as we don’t want to give it to him.

At what point do you two usually finish your pieces?

S We finish them at the same time usually. I finish a bit earlier. When I see
the pic a little away from it, TACO stops working and asks me how it looks in
the end. It never happens that he keeps drawing for hours after I’m done.
It’s like conversations, which is if I go this way, TACO comes this
way too. When we feel satisfied, we stop drawing, and the piece is done.

T There is no space to draw or nothing to go further. Of course,
we have some space to draw, but mentally not anymore.

Are there any changes since you started co-creating?

S I had been using G-pen, but since we started co-creating,
I started using brushes.

T If I draw alone, it is only my world or my own techniques to use in a
picture, but there’s something unexpected coming up when I draw with
someone else. When I go back to drawing on my own, it comes out as
my skills or techniques.

Would you expect anything you two co-create?

S We will have an exhibition as “act” this summer. We will try to have all
new pieces. It’s not fun to keep doing the same things.

T It’s hard to keep doing activities with the same members and to keep showing
new things. However, I want to keep doing what we keep doing persistently.



act_ Koji Shiroshita & TACO Artist
Koji Shiroshita and TACO are one artist.
They draw alone and draw together. “act”
is created by the supporters, such as designers,
translators, and photographers, based on the
pieces of Koji Shiroshita and TACO.