ARATAPENDANTS VOL.6

artist talk 4
natsumi nobeyama/ artist
minami takenaka/ photographer


今回出品している作品やご自身のことについて教えていただけますか。

延山 菜摘(以下N) 京都の大学で、テキスタイルを学んでいて、繊維や布の染色作品や
タペストリー、造形物的なものを作っていました。 ここ一年ぐらいで直接的に
自分を出したいという気持ちが大きくなり、繊維を相手にすることから抜け出すように
柄を描き始めました。 原点に帰るような感覚です。絵を描く感覚はあまりなくて、柄を紡いでいく
というか、編んでいくような感覚です。

竹中 みなみ(以下T) 私は写真の展示です。今までは写真展がメインだったので、壁に貼った
写真を立ち回って見るというのが全てでした。でも今回は写真を見るというより、空間に落ち
着いて、眺めてほしいという意図があり、一人だけ壁を五枚使って囲ってもらいました(笑)。
中ではブライアン・イーノという音楽家の音楽を流していますが、なんとなく流れてるなぁぐらい
の感じです。写真を見てるというよりは、なんとなく居心地がいいから、ここにいたいなと
いうような場所を目指しています。 一枚ずつは写真として成立しているんですけど、今回はこの
空間が作品ということになってます。

お互いの作品をご覧になっていかがでしたか。

N 初日に知人と一緒に回ったときが初めて拝見したときだったんですけど、ブースに入って、只々
椅子に座って、写真を見ながら、写真についてなのか、自分達についてなのか、空間について
なのか、展覧会についてなのか、ふわっとした話をずっとしていたんです。 全作品を見終わった
後に入って、休憩のような。音楽もどこからともなく聞こえて来るような感覚があったんで、意図
されているところにがっつりはまってました(笑)。

T 私はまず最初、「でかいなー」と。 素材自体は透明やのに、そこにあるという感覚はおっきくて。
でかくて、でかいけど繊細で、圧倒されました。

全て同じモチーフという最小限の要素でできていつつも、すごい存在感を感じる延山さん
の作品ですが、竹中さんからも、撮るものの形や陰影、それから質感だとか、最小限のものだけで
画面を作ってるような印象受けます。表現方法もプロセスも全く違うと思いますが、目指すところ
には共通するものがあるのかなーと思いました。延山さんの作品、よく見るとこれ全部繋がってる
んですよね。

N そうですね。 繋がってます。全てが連続してるような感じですね。シンプルになりたいという
ような感覚はちょっとありますが、自分の複雑性もあってシンプルだけではいられないというのも
自分で分かっていて。

T 私はどれだけ削ぎ落とせるかってところは結構重要視しています。 いらないものが写らない
ように撮っていくと、必然的にこうなった、シンプルにしたいというよりかは、なにが残る
のか知りたいという感じです。

同じアプローチを続けていく中でも、その時の感情や表現の揺れ動きはあると思います。
その中で「やり続けたら次の表現が出てくるのかな」とか「これだともしかしたら限界があるの
かな」とかそういう風に思うことってありますか。

N 普通にあると思います。 ふとしたときに違うことを思えば、全然違うことを描く可能性も
あるし、違うジャンルをする可能性もある、そういう可能性に関しては受け入れていきたいです。

T 私も作品は変化していくものだと思ってるので、突然カラーのスナップ写真撮ったりとかは
多分ないと思いますけど、でも変わっていくとは思っています。

お二人の世界の見方であったり、一つの空間にシンプルなもの広げていくことによって見えて
くるものとかあったらお伺いしたいです。

T 見えてくるものというより、リビングや玄関じゃなく、寝室に貼ってもらえるような
写真をずっと目指してます。静謐っていうタイトルをつけてるんです
けど、静かで落ち着いてて平和とか、そういう感じの意味で、見る人がそのときだけでも平和になれ
ばいいな、心が落ち着けばいいなと。

N 今は同じようなパターンを描き続けている現状があって、なにが見えてくるかは分からない
ですけど、描き続ける、それをし続けることでいずれなにか見えてくるんじゃないか、見えて
くればいいなという気持ちで描いています。



延山 菜摘 / 美術作家
繊維や生地を使ったタペストリー、インスタレーション、ペン画
など多岐に渡り作品を制作。身近にあるもの、自身を取り巻く環境
などからインスピレーションを得てものをつくる。どこか感情が
動かされるような、そこにあるだけで温度を感じるようなものを
目指して。 2010 2015 2017 個展


竹中 みなみ / 写真家
2014年ビジュアルアーツ大阪卒。
同年に自身初の個展「Tous les jours / ゼロの位置」を開催、
また北海道東川にて「旧秋山邸アートプロジェクト」に参加。
以降精力的に制作、展示を行う。




Would you tell us about yourself and your pieces?

N I learned a textile at a university in Kyoto and had been working on fiber
and cloths, and making something formative. It has been 1 year since
I started thinking of getting out of textile works and wanting to express my
feelings directly. Then, I also started drawing patterns. It seems that it’s
going back to be my origins. There is no such feeling that I am drawing
a picture but the feeling that I braid it like spinning thread.

T I exhibit my photographs. I have had mainly photograph exhibitions
so far, so I put my pieces on the walls, and people come and see them.
Luckily, I got 5 walls surrounding my pieces. I would rather want the visitors
to just have the view at them in the quiet space than just looking at them.
I had the music, from Brian Eno, playing slightly inside the walls. All I want is to
make the space so comfortable that you want to stay there. Each one of the
photographs is arranged, but I made the whole space a piece this time.

What do you think about each other’s pieces?

N It was the first time to see hers when some of my friends come and took
a look around the place on the first day. We just got in the booth together and
looked at the photographs. While we were sitting on the chairs, We were talking
about them, ourselves, the space, or maybe the exhibition. It was like a break
after looking at all the pieces. I felt that there was some music playing from
somewhere. That is exactly what she just said about her piece, and I just got to fall
into her intentions.

T At first, I thought it is so big. The piece itself is transparent, but the
presence is just so big. Even though it is big and overwhelming, it is also sensitive.
It feels that Ms. Nobeyama’s pieces have a great presence even though
all of the minimum factors are the same motifs. I have the impression
that Ms. Takenaka makes pictures with the minimum things, such as
shapes, shades, and textures of objects. I have thought both of you
have the completely different ways of expressing and processing, but
you have the common things for the goals. For the piece of Ms. Nobeyama,
all of the lines are connected.

N Yes, they are. Everything is in sequence. I have the feeling to be simple,
but I know I can’t be only simple because of my complexity at the same time.

T I focus on taking out as many things as possible. When I shoot photos
without anything unnecessary in them, they just become like this naturally.
I just want to know what’s remained after taking out everything.

I think you have been wavered from your feelings or expressions
while you keep on the same ways to create your pieces. Are there
any possibilities that you think you have come up to the limit and take
another way to create things?

N I think there is. If I think of a completely different thing, I would
possibly draw the completely different thing or maybe create a completely
different type of thing. I would want to accept those possibilities.

T I also think my pieces are changing. I won’t suddenly take colored
snapshots, but they are changing.

I would like to ask you about what can be seen by spreading out simple
things in a space, or about the way you see the world.

T My goal is to keep taking the photographs that people put in their rooms,
unlike a living room or an entrance, I put the title, “Sei-hitsu [peace and calm],”
so I want people to have a peaceful and quiet time just at the moment.
That is all I want.

N I keep on drawing the same kind of patterns all the time for now, and I don’t
know what you can get to see from them. Eventually and hopefully, you will see
something like a passage of time in them.



Natsumi Nobeyama / Artist
Natsumi Nobeyama produces tápestries , installations,
pen graphics, and many others.Her productions are
inspired by surroundings and also aimed for something
motivating and feeling its warmth. In 2010, 2015, and 2017,
private exhibitions were held.



Minami Takenaka / Photographer
Graduated from Visual Arts Osaka in 2014.
Minami Takenaka held her first private exhibition,
“Tous les jours.” Also, she participated in
“Art Project @Akiyama residence” in Higashikawa,
Hokkaido. Since then, she has been working on
exhibitions energetically.