ARATAPENDANTS VOL.6

artist talk 3
kazuhito mastumoto/ poets, graphicdesigner
aoi hayashi/ artist


今回出品している作品やご自身のことについて教えていただけますか。

松本 和史(以下M) MOMAのイメージで、美術館のようなタイトルをしていて。
百年後の美術館をイメージして表現しています。ただ百年後の美術館をするのではなくて、そこに
文字ってものを介入させることによって、未来の美術館をここに表現しています。あとは、スーパー
マーケットのイメージもあります。この展示は現代美術作家のメタファーで。 アンディ・
ウォーホルであったりとか、あとは美術とは違うんですが、SF作家のウィリアム・ギブスン
とかを、スーパーマーケットのように色々盛り込むように展示をしています。 ホロー
ポエトリーというタイトルでホローは空っぽっていう意味で、空っぽの詩。 カセットテープの
形をした中になにかが記録されていて、それをこのデスクトップに置くことによって、音が聞こ
えるかもしれない、聞こえないけど、なにか言葉を感じるかもしれないっていう、そういう未来の
設定の作品です。あとは、実はモナリザが展示されていて。それを近づいて見てもらうと全部文字で
できてるんですね。純粋とか天真爛漫という意味のイノセンスっていう単語で描かれています。
先程紹介したMOMAっていうものと、モナリザのあるルーブル美術館って全然位置も違う場所
なんだけれども、その位置情報すらも崩壊してしまった未来の百年後の美術館ってイメージで
ここは構成されています。ちなみに最後にもう一つだけ。 展示にあるポスターは鉤括弧の形に
配置していて、その括弧の中に、After 100 Years, Breaking ART. という言葉を入れて、メッセージ
も伝わるように表しました。主催者の新さんにカリグラフィー的に文字を書いてもらいました。
言葉の意味としては、百年後にアートは壊れているかもしれないということと、もしかしたら
僕がブレイクしてるかもしれないっていう期待を込めています。 まだまだ説明し始めるといっぱい
たくさんあるんで、また現地で声かけてください。

林 葵衣(以下H) 美術家をしています。音声と録音以外で記録できないをコンセプトに
今回の展示では作品を作らせていただきました。映像もあるので大体分かると思うんですけど、
口の動きを記録、発声しながら痕跡として残していくってことをしています。 記録したのは、月の光
っていうフランス民謡なんですけど、人類が一番最初に録音したと言われている歌です。 レオン・
スコットという発明家、科学者がいまして。その人が、エジソンが蓄音機を発明する前に、フォノ
グラフを発明しまして。それに記録された月の光をもう一度録音じゃない方法で記録できないかと
思って、窓にしました。

お互いの作品をご覧になっていかがでしたか。

M すごいセクシーな作品やなと思って見てて。今その裏側を聞くと、僕も関心のあるデジタル
とか発明品なんかを裏打ちにしてるのはすごいいいなと思って、今グッと作品の魅力が高まって
しまいました。僕も音っていうものを視覚化するっていうのを作品の中では展開していて、それは
すごく共通項としてあるので、めちゃくちゃいいなと思いました。

H 解説をなにも聞かずに自分で見て回ってた印象としては、オマージュが多いから、愉快犯
みたいな。無邪気にオマージュを楽しんでるけど、ものすごくいろんなものをハッキング
してるから愉快犯みたいな印象でした。

お二人にとっての、美術や、人間の作ってきたメディアの歴史などから与えられるインスピ
レーションなどあればお伺いしたいです。

H 元々今ある記録媒体に満足できてないところがあって。この対談も今記録されてますけど、
それは次聞くときはスピーカーを通して聞くものであって、生の声は録っておけないことが自分は
不満で。それをどうにかできないかなっていうところを考えた結果こうなりました。

M 今回はビジュアルを作ってきて、僕も昔は音の作品を作ってて。 そのときは一人で
輪唱できる装置を作ってたんです。 例えばカエルの歌が一人でできてしまう。 技術者
からは、ただのテープエコーだと言われますが、僕はそうではなくて。 カセットテープを
改造して、おはようって入れると、おはよう、おはよう、と言葉が回っていく作品を
作っていました。でも現在や過去や未来を、全部は無理だけど音だけでもそこに残せないか、
みたいな。 哲学を形にするっていうの考えたときそれがいいなと思って。そういうのを
僕も以前は作ってて。 インスピレーションは実は哲学だったりします。 特に時間っていうものを
考えてる。だから今回もちょっとSFチックで百年後を。歴史というより、時間の感覚ですね。

では、お二人にとって、時間や音声はどういったものなんでしょうか。

H 時間はめちゃくちゃ興味があるテーマで、捉えきれないですよね。 時間ってなにって
説明しろと言われても、体感として分かっていても口で説明できない。 けど確かにあるもの
だから、うん、難しい。やっぱ説明できない。分かってるけど説明できないものですね。



松本 和史 / 詩人、グラフィックデザイナー
1984年大阪府生まれ。 IAMAS 情報科学芸術大学院大学v メディア表現研究科メディア表現専攻 修了。メディア美学を
考察しながら、コンクリート・ポエトリーと呼ばれる
図像的に文字を用いた詩表現などの作品発表を行なっている。
音楽は Z-Z 言語「ウ」の Vo. を務めている。


林 葵衣 / 美術家
1988 京都出身 京都在住身体と意識のズレの
可視化をコンセプトに、動作の反復や視覚と
音声の関係を問い直す作品を制作している。




Would you tell us about your pieces and yourselves?

M I put the title like MOMA, which is a modern art museum in New York.
It is created as an art museum 100 years later. It is not only expressing a
100-year-later art museum, but also, through the words, it is expressing
the art museum that might exist in the future. There is anan image of a
supermarket. The piece has metaphors from various modern artists.
For example, I have some from Andy Warhol and William Gibson.
I put them in the piece as a supermarket. I have put hollow poetry at the top.
Something in the thing shaped like a cassette tape is recorded and placed
on the desktop computer. Perhaps, you might hear something or feel some
words. The setting is about the future. I have exhibited Monna Lisa. If you take
a close look at it, it’s made of the word, “innocence.” MOMA and Louvre are
located in the completely different places, but the artwork is composed of
the image of the future in the 100-year-later art museum, where even
the location information is collapsed in the future of this 100-year-later
situation. The poster is placed as the brackets are, and I have put “After 100
Years, Breaking ART” so that it delivers the message. I asked Mr. Hirano to draw
letters as calligraphy. The meaning of the message is art that might be collapsed
in 100 years. Also, I have an expectation that I might break it down. There’s more
to talk about, but please ask me about that in person.

H I am an artist. I had a concept of recording something without sound and
sound-recording to create the piece. There is a visual material. I recorded
the moves of my mouth and left the traces of my voice. What I recorded
was “Calir de Lune” which is a French song. The song is the first one ever
recorded. There is Leon Scott, who is inventor and scientist. He invented a
“phonotograph” before Edison invented a phonograph. He recorded
“Calir de Lune” on the machine, and I wanted to record it without using sound-
recording, so I recorded it on the windows.

What do you think about each other’s pieces?

M Her artwork looks very sexy. After I heard how it was created, I got to think
it is good her artwork is backed with digital things or machines, which I am
interested in. I also developed my artwork by visualizing sounds. I think
it’s great because we have something in common.

H It feels that he is a criminal for pleasure since after I went to see all of
the artworks by myself without any descriptions. Since he has many homm-
ages on his artwork and has innocent fun with those hommages. However, it
seems he is hacking many various things being a criminal for pleasure.

From what did you get inspirations, that’s given by art and
history of media people has made?

H I’m not satisfied with all recording media now. This talk is also recorded,
but you hear it from speakers and can’t hear it through actual voice. I just
thought of what to do with the situation and ended up doing that. It’s no that the
history came first or something.

M I created the visualized piece this time, but I used to create pieces
about sounds. I used to create a device that enable you to sing a round. For
example, you can sing “The Froggy Song” all by yourself. Some technicians
told me that it was just a tape echo, but not to me. If you record “good morning”
on a cassette tape and the phrase goes round again and again. I just wanted to
leave the present, the future, or the past in the device. I was comfortable
with the idea of making a philosophy in a form. That is what I used to do.
Therefore, many of my inspirations come from philosophies. I have
been thinking about time especially, so the theme is about 100 years later
like a Science Fiction. After all, my inspiration is not about history but time.

What do you think about time and sound for both of you?

H Time is a very interesting topic and impossible to grasp it. You can’t explain
what time is even though you feel it. However, it exists. It is just something
impossible to explain even though you know it.



Kazuhito Matsumoto  / Poet, Graphicdesigner
Born in Osaka in 1984. Kazuhito Matsumoto graduated
in Media Creation from Media Creation Department of
Institute of Advanced Media Arts and Sciences. He produces
and presents expressions of poetry that uses iconographic
“concrete poetry” while studying media esthetics. In music,
he plays on a vocal from Z-Z Language “U”.


Aoi Hayashi / Artist
Born in Kyoto in 1988, currently living in Kyoto.
Aoi Hayashi produces pieces questioning the relation
among repeated actions, sights, and sounds conceived
in visualizing the gap between body and consciousness.