ARATAPENDANTS VOL.6

artist talk 2
taku sakaguchi/ graphicdesigner
hideosu kawasaki/ collage artist


今回出品している作品やご自身のことについて教えていただけますか。

坂口 拓(以下S) 作品全体というよりか一つずつ作品がありまして、全部騙し絵になっています。
作品見ていただいたらわかると思うんですけど、透明のアクリル板にカッティングシートを
貼ってまして、名村造船所の雰囲気に融けこむっていう意味合いで、融けこむトロンプルイユ、
融けこむ騙し絵っていうタイトルで作らしてもらってます。 二十五、六のときに東京でM・C・
エッシャーのすごい大きな回顧展がありまして。そこに行ったときに感銘を受けました。騙し絵って
ずっと見ていられる。で、僕もそれを作ってみたいなっていうのが始まりでした。僕の作品は、
基本的には先人達が作ってきた視覚のトリックをアレンジしたものです。 視覚トリックっていう
のがなかなか発明に近いものがあってそれ専用に研究してる人もいるぐらいなんですね。

河崎 ヒデオス(以下K) 今回コラージュを作ってまして。 普段は、デザイナーとカレー屋を
やっていてイベントでカレーを売っております。コラージュは二年前ぐらいからライフワークで
月に一個くらい作っていて。 雑誌とか古本とか、家のポストに入ってるチラシとかちぎって
並べるっていうだけのものになるんですけど、それを写真として保存して作品にしています。
今回は新作を十五個くらい作ったんですけど、プリントせずにそのまま並べて展示しています。
下がダンボールなのは、僕の作品は写真撮ったら形に残るんですけど、その他の新しく作った紙を
乗せてるやつがほんとに糊付けしてないんで、パラってやったら全部崩れちゃうんです。 だから
今日見たら、位置がちょっとずれたりしてて。そういうダンボールの刹那感というか、
そういうのを感じて、これは使おうかなと。作品にいつまでも終わりがないっていうのも
あるんですけど。 僕はこの素材一個一個にすごい愛着があるというか。これを糊付けしてしまったら、
これもう使われへんのかと思って。

お二人の展示方法について、その意図をお伺いしたいです。

S 去年アラタパンダン展の四を知ったときにお客さんで来てたんですね。 その時に、廃墟感
というか雰囲気がすごいよかったんで、もし展示するんやったら壁に貼るんじゃなくて浮遊させた
状態でやりたいなと思ってこの形になりました。

K 僕はいつも家でやってるときに机の上で並べるんですけど。 机の横が大きい窓になってて、
そこから自然光が照ってくるんです。素材を置いた後に影ができてそれを撮影するととても綺麗で。
それと同じ状況にしようかなと。

お互いの作品をご覧になっていかがでしたか。

S かっこいいですよね。 Tシャツ好きなんでTシャツに合うものってすごい感度が高いと
いうか。自分の作品もそうなんですけど。ヒデオスさんの作品見たときに、やばいなーと思いました。

K このアクリルの時点でかっこいいとは思うんですけど、内容も黒だけで描かれてて
ミニマムというかシンプルというか情報量削りに削っていくなあっていう。 クールさを感じました。

お二人とも作品が不定形でいて、視線が泳いでくような感じがあるかと思います。
実際に会場に置いてみて、お二人いかがでしたか。

S そうですね。 僕はある程度想定してた感じにはなったんですけど、それ以上に、ほんとに
場所に融けこんだかなっていうのは思いました。こういうトリッキーなイラストを描いているので、
若干ものを見るときに正面から見ないっていう、あまのじゃく的な見方をしてるんですけども。
融けこむことで、視界の中にヒントがあるという見方ができるのかなっていうのが、
上手く表現できたかなと思っています。

K 僕の作品って元が手のひらサイズくらいの作品でそれを大きくしたやつなんです。下見に
来たときにこの床の感じとかを色々確認して、この広さをどうやって埋めようかというか。
それがすごい大変というか。 なんとかせな!と思って新しいやつみたいなん作りまくって。
なんとかいけたかと思いますね。



坂口 拓 / Graphicdesigner, Illustrator
大阪在住。「視覚を混乱させるミニマル表現」が
コンセプト。シンプルなイラストの中にユーモアや遊び心を
取り入れた作品を制作しています。
グラフィックデザイナー、イラストレーターとして活動。
OK GOやFM802のグッズデザイン、アパレルブランドへの
Tシャツデザイン提供など。


河崎 ヒデオス/コラージュアーティスト
兵庫県出身 宝塚造形芸術大学 卒業 ライフワーク
として人の虚ろを感じさせるコラージュ作品を日々
制作している。グラフィックデザインを主軸に、お店を
持たないカレー屋「ヒデオスカレー」としても
活動している。「第五回 アラタパンダン展」、
「Here is ZINE Osaka 17」、 「Hills ZINE Market」参加。




Would you tell us about your artworks and yourself?

S Basically, each of my artwork is an individual piece, and all of them
are “Trompe-l’oeil,” which is an optional illusion picture. As you see my pieces,
I put those pieces of black cutting sheets on the acrylic boards. The artworks are
merged into the atmosphere of Namura Dockyard. I created them meaning
merged optional illusion pictures as you know the title, “Merged Trompe-l’oeil.”
When I was 25 or 26 years old, I went to the big exhibition of M.C. Escher
in Tokyo. I was so impressed. I could watch them all day. I got motivated to
create art pieces like that. I rearranged the visual tricks the predecessors have
created for my pieces. Visual tricks are almost inventions, and there are
researchers about them.

K I created collages this time. I usually do a design and a curry shop.
I provide curry at some events. Collage has been my lifework for two
years, and I create one piece a month. It’s just decorating pieces of anything
torn apart. I take pictures of them, save them, and they become my pieces.
This time, I created 15 new ones, but I just exhibit them as they are.
The bottom part is the cardboard. It is because I like every single one of
the materials. If I glued them, I would never use them anymore. My pieces can
be remained the same in the pictures, but they can be broken easily since
they are not glued. Every time you see them, they change little by little. I just
like the moments of the cardboards.
They never end.

I would like to ask you about anyintentions of your way of exhibiting.

S I visited this exhibition last year. I got to like the atmosphere like a ruined
place. I thought that I would rather float them in the air than just putting
them on the walls if I ever exhibited mine. Now, I did what I thought about.

K I usually place the pieces of paper on my desk at home. There’s the sunlight
coming in through the window next to my desk. I just wanted to make the
same condition.

What do you think of each other’s pieces?

S His pieces are so cool. I love T-shirts, so I like the artworks
matching with T-shirts. His pieces are very eye-candying me.

K I thought the acrylic board is already cool enough. Moreover, there
are just black lines drawn on them. They are minimum and simple. It feels
that he took information out of them. I just felt the coolness.

Both of your pieces are non-fixed. It feels like eye-shiftings. What do
you think after setting your pieces?

S It is mostly what I expected. Moreover, I think my pieces just merged into the
place here. I draw tricky illustrations, so I don’t see things straight. I have a
cynical view. I think it was expressed well that there would be some hints in
eyesights to see differently by merging into the atmosphere.

K My pieces are big ones now, but they are originally hand-size pieces. When I
came here for a check about the floor and other things, I wondered how I could fill
up the space with my pieces. I wondered how I could manage it, but I think I made it.



Taku Sakaguchi / Graphic designer, Illustrator
Living in Osaka. The concept is “the representation
confusing sights.”Taku Sakaguchi produces the pieces
that have humor and fun in simple illustrations. He has
been active as a graphic designer or illustrator and
has provided the designs for commercial goods of OK GO
and FM802, and designs for T-shirts of apparel brands.
UNKNOWN ASIA 2016(Reviewer Prize)
UNKNOWN ASIA 2017(Reviewer Prize)


Hideosu Kawasaki / Collage Artist
Born in Hyogo prefecture. Graduated from
former Takarazuka University of Art and Design.
Hideosu Kawasaki has been working on
collages that feel hollows as his lifework. He does
a curry shop, Hideosu Curry, without a physical
shop while doing graphic designs.