ARATAPENDANTS VOL.6

artist talk 0
arata hirano/
director, designer


平野 新(以下H) 今回の展覧会で五年目で、21歳の頃に始めてから、これまでやってこれたのも、観客と作家、運営側のそれぞれが一つのものを作っていく気持ちでやってこれたからだと個人的に思ってます。
今回は二十五名のアーティストが参加してくださいました。
平面、写真、絵画、立体、建築、飲食店や、ミュージシャンだったり。
バラエティーに富んだアーティストが参加してくださいました。

例年と比べて違うところはありますか。

H まず規模が大きくなったのと、会場が立体的になったことです。
それに伴い展示の難易度も上がり、作家は試行錯誤したと思います。
搬入時に運営を上手く機能させられなかった点では苦労しましたが、キュレーターとしての立場を身を以って知る事が出来ました。

トークするのは今回が初めてですよね。

H 見ての通り初めてです。 周りの声もあって、今回はスピーカーを設けようと。

ディレクションするのは平野さんですが、今回出してもらった作家さんや会場の作り方など、大事にされたこととかありますか?

H 展覧会をデザインするイメージです。僕達はWEBや広報物で容れ物を用意する。
それだけじゃだめだなと思い始めたのが、前回です。これからもっとなくてはならない存在になれたらなと思っていて。 デザイナーで展覧会を作る立場を自分自身で確認しながら、精一杯キュレーションしたいと思っています。

デザイナーという立場が平野さんの場合特徴的ですよね。
ただ無審査でも、キュレーターがいて、その人がいろんな問題を設定したり、それに沿って、いろんな作品を選んでくるって、ちょっと違うやり方なのかなと思いました。

H それはアートディレクションとしてのマインドセットがあると思います。
関西だけでも数え切れないクリエイターがいます。 そして小さな水たまりのようなコミュニティが無数にある、決して一つにはならなくて、個々の領域を守っています、そこから抜け出さない状況が多分にある。 その水たまりに一石投じるような気持ちです。
本展覧会はアンデパンダン展がモデルで、その展覧会では自由の幅が広がり、美術館から拒否されるほど過激になり、最終的に中止になりました。
僕達も“無理”“できない”は禁句です。 アーティストのわがままを受け入れ続け、最後は中止になって終わりたいです。



平野 新 / グラフィックデザイナー
1991年大阪府出身。デザイン事務所勤務の後、
2014年からフリーランスをタイポグラフィを基軸とした
グラフィックデザインに従事する。活動は多岐に渡り、
自身主催による展覧会、アラタパンダン展のディレクションや、
アートフェア UNKNOWN/ASIA にてプレビューなど。
日本タイポグラフィ年鑑2016,2017,2018入選




H It has been the 5th exhibition this time since I started it when I was 21 years old.
Every time we managed to hold it, the artists and managing staff have had the same view points as guests have while building up the exhibition.
25 artists have joined it this time.
They are working on 2-D, photographs, paintings, 3-D, and architectures. There are also some various artists working on a curry shop and rapping.

Are there any differences from the past years?

H The size got bigger and the place here became much more 3 dimensional.
The difficulties has become greater, so I think each of us managed to exhibit our pieces by trial and error.
I had a hard time functioning the managing team when carrying the pieces.
I have learned the importance of making things together a lot through the experience.

Is it the first time to talk in front of people?

H Yes it is, as you all see. There are some people saying we would need a spokesman, so I am here.

You did a direction part, and what did you care about the artists and how to organize the exhibition?

H We rent the place and prepare the base to design the exhibition.
I realized it is not enough to do a website, advertisements, and others at the last time.
I started thinking that we have to be something necessary.
I would like to put an effort on curating while I’m making sure of my position to organize the exhibition as a designer.

The position being a designer makes Mr.Hirano characteristic.
Even though there’s no jury, there’s a curator setting a theme and selecting various pieces, which would possibly be a different way from others.

H I guess I am an edgy person. I wonder that so many people are creating things.
There are people staying in small puddles which never merge into one. They are so protective that they don’t wanna get out of there.
I want to make a change for them. We modeled the “Salon des Independants” which started in France in 1884.
The freedom had got bigger and bigger in the exhibition, and it ended up being discontinued since the pieces became excessive, and museums refused to exhibit them.
We never say “no” or “impossible.” We keep accepting artists’ egos, and I would like to end up discontinuing the exhibition.



Arata Hirano / Graphic Designer
Born in Osaka in 1991. Arata Hirano had
become a freelance graphic designer in 2014
after working for a design office. Graphic
designs on the basis of typography have been
his main work. His work has expanded in various
fields. He organizes and directs the exhibition
Arata Pendants and reviews art pieces exhibited
in an art fair UNKNOWN/ASIA.
Awards Selected by Applied Typography
2016, 2017, and 2018.